2014年05月29日

大怪獣コトバモドス紹介⑤-内容物について+デザイナーズノート的なもの

ゲームマーケット2014春で頒布します「大怪獣コトバモドス」の紹介です。
今回は「コトバモドス」のコンポーネント(内容物)についてご紹介いたします。
01aa7c99da358dbc10375914a2ec7bf5485c38ebd3
まず箱です。
A5のサイズで、表面にツヤ加工してあります。
ヴォーパルスや7つの島やテラフォーマーと同じサイズです。 このサイズのゲームは面白いものばかりで、そういったゲームの末席に加えていただきたいという願いが込められています。
が、それとは関係なくこの大きさでないとついたてが入らないのです。内容物に対してなかなかのぴったりサイズで「スカスカやないか」とはならないと思います。

016e1f14e41aa4c5c1690d91555877fc86e8a9fcf7
次にこのゲームのメインコンポーネントであります文字タイルです。
これは物凄くこだわりました
主に3点です。

一つ目にタイルの質です。
タイルをスライドさせていろいろな言葉に組み替えるので、通常のタイルではすぐに傷んでしまいます。
そういうわけで、すべてのタイルにツヤ加工をして強度をあげてあります。予算的に相当きつい部分でしたが、ここは妥協できませんでした。

二つ目にどの文字を何枚使うかということです。
日本語において使われているそれぞれの文字の頻度を様々な資料に当たり調べました。そして、何度もテストを繰り返し最適な枚数にしたつもりです。
具体例をあげますと、「と」は三枚、「ど」は一枚とする一方で、「こ」と「ご」は「こ(")」としてどちらの文字としても使えるようにしました。「ご」という文字タイルにしてしまうと、そのタイルを使って作れる言葉が少なすぎるからです。また、「く」や「へ」、「つ」や「て」など区別がつきづらいものについては、背景をグラデーションにすることで上下をわかりやすくしました。

三つ目にフォントです。
「コトバモドス」をつくるにあたって、大人が遊んで楽しいというのは大前提としてありますが、家族で遊んだ時に小学生低学年の子どもにも言葉の楽しさを知ってもらいたいという願いもありました。ですので、やわらかい印象でかつ教科書体のフォントを探していましたが、なかなかこれというものがみつからず右往左往していたところ出会ったのがあんずもじ始というフォントです。
すべての文字が手書きしたものを元につくられており、それでいて癖がなく正しい字体なのです。
このフォントは「勉強を習い始めたばかりの子どもに先生や母親が書いてあげたような文字」を目指してつくられたもので、今回低学年の子どもとも安心して遊んでもらえるようにしたいという私の願いにぴったり合ったフォントでした。
このフォントなくては「コトバモドス」は成り立たないでしょう。作者の京風子様には本当に感謝しております。

裏面はコトバモドスの手です。右上にあるのはただの白いタイルですが、何ゲームも連続で遊ぶ際に勝利マーカーとして使っていただければと思います。 
タイルは段ごとに色分けしていますが、ゲームには関係ありませんので色弱の方でも全く問題なく遊べます

013de8cdc594c32eef6008025eedca459e3b0257c2
 ついたてです。
この大きさのついたては見たことがありません。
かなり大きくて安定しています。安心して遊べる大きさです。
ここも結構予算取られましたが、ストレスなく遊んでいただきたく十分な大きさで作成しました
アートワークについてはやりたい放題させていただきました。 
ゲームシステムは結構きっちり作ったので、インディーズ感を出すならここだな、と。 
どいつも好きですが、やっぱ左上の変な犬みたいなやつ(開発ネーム:ゾンビ犬)の中毒性ヤバイです。なんかことあるごとに見ちゃいます。 

0137e6abc078f0fb9248147041275f9b08e3b840ec
筆記用具と得点チップと砂時計と説明書です。
得点チップは全部で41個。いい輝きしてますよ
筆記用具は最後までつけるか悩みましたが、ゲームやるときにそれ以外のものを用意するのって意外と手間なんですよね。
本体2300円に、プラス100円で筆記用具が付いていると思って許してください。

以上です。
これだけ入って2400円はお買い得だと思います。もし再販することになってもこの価格では出せませんので、この機会にぜひご購入ください。

ichinenjumirai at 18:00│Comments(0)大怪獣コトバモドス 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字