2017年10月21日

エッセンへ行く人へ(2017年版)

出発前の方向けの、主にネット回線とオススメアプリの話です。

・simフリーのケータイがあると格安でケータイが使えます。ローミングだと(キャリアによりますが)1日1000円くらいかかりますので、simフリーケータイを予め調達した方がいいかと思います。もちろんモバイルWi-Fi借りるのももっとかかりますし。
vodafoneショップか、telekomショップで10€くらいで1.25GB使えるプリペイドsimが売ってますので、そちらをご購入ください。設定の必要がある場合があるので、スーパーなどで買うのではなく専門店で買った方がいいです。
telekomは10分くらい。vodafoneは自動でキャリア設定がなされずあーだこーだと(店員さんが)試行錯誤した結果2時間くらいかかりました。また今年の7月から購入の際にパスポートを見せねばならなくなりましたので、持参してください。
おそらくO2でも問題ないと思いますが、僕は使ったことありません。

・iPhoneであれば(Androidのことは知りませんので以下全部iPhoneの話です)DB navigatorというアプリがオススメです。行きたい場所と現在地を入力すれば経路検索ができます。いくらかかるのかも表示され、そのままアプリでチケットを購入することができます。一度検索しておけばオフラインでも確認することができ、便利です。
グーグルマップで経路検索するのも悪くはありませんが、抜けているバス停があったり、なぜか遠回りのルートが出たりと信用ならないケースがありますので、オススメしません。

・グーグルマップはエリアを指定してダウンロードができます。メニューのオフラインマップを選んでダウンロードしておけばオフラインでも参照可能です。営業時間が見られるのが便利。
なんですが、ネット回線なしフリーWi-Fiで生きていくぞ!という方は、オフラインマップアプリも併せてダウンロードした方がいいかと思います。maps.meとか。

・店の評判とかもグーグルマップでわかるので必要性がなくなってしまいましたが、yelpは海外版食べログみたいなアプリです。ただ飲食店に限らないので施設のサービスなどを調べたい場合は参考になる場合もあります。蚤の市いつやってるかとかもわかります。

・フリーWi-Fiがいろんなところにあるので、ネット回線なしでも生きていくことは可能です。が、エッセンシュピールフェアの会場はWi-Fiがないのです。和訳の有無とか調べたいですよね? ないんです。残念。

・ドイツ語はグーグル翻訳アプリでカメラをかざせば英語or日本語になります。問題になる場面はあまりないと思われます。要ネット回線。ネットなしの方は、オフライン辞書をダウンロードしておけばいいかと思います。が、あまりいいのがなかった記憶があります。

・エッセンシュピールフェアのチケットはネットで買えるのでネットで買った方がいいです。交通チケット付きのものを買えば会場最寄り駅までのVRRの交通費が実質7.5€になるので会場で買うより安くなるはずです。入場もスムーズです。

・エッセンシュピール公式ホールマップは非常に見づらいです。bggに有志作成の見やすいものが公開されているので、これをオススメします。

・段ボールを持って行った方がいいという話を聞いたことがありますが、現地で調達できます。あの会場に無数のゲームがあって、それは段ボールに入って持ち込まれるわけです。くださいって言えばくれます(でも、大手はくれません。設営時点で廃棄しちゃってるようでした)。ガムテープやハサミもその辺の人に貸してって言えば貸してくれますし、郵便局にも売ってます。

以上です。
当日はHall8C136のitten,KORIYAMAブースの試遊卓に張り付いてますので、遊びに来てください。


ichinenjumirai at 07:12│Comments(0)コラム 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字