2014年05月23日

play:gameがつくる明るい未来~評価と集約~

a0002_009107

目的
play:gameボードゲームデータベース を使用して、皆で手を取り合い協力してより良い未来をつくりましょう!なにとぞ!なにとぞよろしくお願いいたします!

本論
以前某店長さんが嘆いていらっしゃったのは、「一度悪い評判が立つとさっぱり売れなくなる」ということでした。
ボードゲーマーというのはみなさんご存知の通りこの日本社会においてはマイノリティでありますから、絶対数が少ないわけですね。ですので、一人ひとりの声が全体に響きやすいという側面があるわけです。
そういうわけで、ボードゲームに対して悪い評価するのってよくないよねという空気があります。
ただね。やっぱ人間言いたいことを言って生きていきたいじゃありませんか!ねぇ! 
さぁ、そこで取り出しましたのはplay:gameボードゲームデータベース です。
みなさんご存知だと思います。日本版BBGですね。
これ最近あまり活用されてないように思うのです。
おそらくブログやSNSの影響だと思うのですが、play:gameに書かずに自分のブログやSNSでまとめてらっしゃる方が多いんですね。
結果として、情報の総量は増えたのですが、それが散漫していて逆にplay:gameの低評価が目立つという事態を引き起こしています。

結論
さて、お待たせしました!
要するに私が言いたいのは、みんなでplay:gameに評価を書きこんで一人が持つ声の大きさを小さくしようぜってことです。一人ひとりの発言力が弱まれば、ある程度思ったことを言ってもいいでしょ。
あなたたち一人ひとりの行動で自分の影響力を小さくすることができるのです!さぁともに頑張りましょう!

おまけ
評価コメントについてなのですが、「おもしろかった!またやりたいです。」とか「つまらなかった!もうやりたくない><」とか書くと、「具体的に書かんと参考にならんやろうがボケェ」って怖いお兄さんから怒られることがあります。 そうすると不思議なことに関係ない人まで勝手に盛り上がって、「評価とは」とか「そもそもゲームとは」とか語りだしますので、当事者はボケっとしていればいいです。
あと未プレイの場合はわざわざ未評価であることを書かなくても大丈夫です。 


ichinenjumirai at 18:30│Comments(0)コラム 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字