2014年06月04日

ゲームマーケット2014春のご報告

去る6月1日に行われましたゲームマーケット2014春にお越しくださいました皆様に感謝申し上げます。
初出展でつたない対応もあったかと思いますが、来場者の方には温かく接していただきました。
特に今回はこちらの都合で販売ブースと試遊卓が非常に離れており、販売ブースで試遊卓を案内され、試遊が終わりまた遥々販売ブースを訪ねてくださった方々には、ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。ただそこまでして試遊やご購入をしていただいたことは本当にありがたく思っております。
試遊卓については10時半から閉場の17時までたくさんの方に訪れていただき、絶えることなくコトバモドスを遊んでいただきました。ただその中で、タイミングが合わずお待たせしてしまったことや興味を持っていただいていたのに対応できない場面があったことをお詫びいたします。
販売数については、初出展にあるまじき量を持っていったため完売とはなりませんでしたが、購入をしたい方へ閉場までお売りすることができたのは好ましいことでした。
結果完売はしなかったもののかなりの数をご購入いただき、ゲームマーケット秋で大々的に販売するほど量が残っておりません。残りは通販というかたちでお売りして、一区切りとしたいと思います。

「大怪獣コトバモドス」にかかわってくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。
ゲーム制作時に重要なアドバイスをくださった居椿様
いち早く注目してくださったやおよろズねいじま様
裏ワンドローにて注目作としてご紹介してくださったワンドロー様、中村誠様
この世に数人しかいない外部のテストプレイヤーとして実感の伴った宣伝をしてくださった大気圏内ゲームズ様
ルールの校正やフォントについてご相談させていただいた燃素様
ルールの校正のアドバイスをいただいたかぼへる様
予約開始前から取り置きを希望してくださったひだり様、大新様
同じワードゲームを委託頒布をさせていただき色々とお世話になりましたWARA様
そのめぐり合わせをしてくださったかぶけん様
試遊卓をお貸しくださったコップレジェンド様
そのめぐり合わせをしてくださったハニー様
同人ゲーム業界について興味深いお話をしてくださった常時様、ワンモアゲーム!様、長谷川様
フォントを提供してくださった京風子様
親切に対応してくださった萬印堂様
テストプレイにご協力いただいた皆様
ご予約していただいた皆様
ご購入いただいた皆様 
試遊していただいた皆様
興味をもってくださった皆様
当日売り子として活躍してくれたわじとその彼女
試遊卓を閉場まで運営してくれた妻
当日終始ニコニコしておとなしくて泣かなかった娘

みんなありがとう!
では、またどこかでお会いしましょう。 


一年中未来
彼葉

ichinenjumirai at 18:00|PermalinkComments(0)大怪獣コトバモドス 

2014年05月31日

ゲームマーケット2014春新作「大怪獣コトバモドス」

ゲームマーケット2014春に出展します。
タイトル

ブース番号:I09
ブース名:「一年中未来」
頒布作品:「大怪獣コトバモドス」(旧ワードウボンゴ)
プレイ人数:2-5人
プレイ時間:5-20分
対象年齢:6-99才
頒布価格:2400円

試遊卓は、F22のコップレジェンド様のイベントスペースを使用させていただくことになりました。
少々距離がありますが、よろしくお願いいたします。
また、I09の当販売ブースにおいても簡略化されたルールでよろしければ、試遊できます。
GM2014s_Map_hc


ゲーム紹介
ゲーム概要
ルール公開
内容物、デザイナーズノート

Twitter:@ichinenjumirai
Twitterでは、更新情報や進捗状況などを発信しています。
箱裏web



委託頒布
SAI_taniya(サイタニヤ)様の「いろはことば」を委託頒布いたします。
ワード系のゲームです。
お題にあう言葉を一番最初に言った人が「いろはことば」すごろくの盤面をすすんでいきます。
頒布価格:2000円
箱_下側_いろは_見本

http://expo.obi.ne.jp/SAI_taniya/

ichinenjumirai at 04:18|PermalinkComments(0)大怪獣コトバモドス 

2014年05月29日

大怪獣コトバモドス紹介⑤-内容物について+デザイナーズノート的なもの

ゲームマーケット2014春で頒布します「大怪獣コトバモドス」の紹介です。
今回は「コトバモドス」のコンポーネント(内容物)についてご紹介いたします。
01aa7c99da358dbc10375914a2ec7bf5485c38ebd3
まず箱です。
A5のサイズで、表面にツヤ加工してあります。
ヴォーパルスや7つの島やテラフォーマーと同じサイズです。 このサイズのゲームは面白いものばかりで、そういったゲームの末席に加えていただきたいという願いが込められています。
が、それとは関係なくこの大きさでないとついたてが入らないのです。内容物に対してなかなかのぴったりサイズで「スカスカやないか」とはならないと思います。

016e1f14e41aa4c5c1690d91555877fc86e8a9fcf7
次にこのゲームのメインコンポーネントであります文字タイルです。
これは物凄くこだわりました
主に3点です。

一つ目にタイルの質です。
タイルをスライドさせていろいろな言葉に組み替えるので、通常のタイルではすぐに傷んでしまいます。
そういうわけで、すべてのタイルにツヤ加工をして強度をあげてあります。予算的に相当きつい部分でしたが、ここは妥協できませんでした。

二つ目にどの文字を何枚使うかということです。
日本語において使われているそれぞれの文字の頻度を様々な資料に当たり調べました。そして、何度もテストを繰り返し最適な枚数にしたつもりです。
具体例をあげますと、「と」は三枚、「ど」は一枚とする一方で、「こ」と「ご」は「こ(")」としてどちらの文字としても使えるようにしました。「ご」という文字タイルにしてしまうと、そのタイルを使って作れる言葉が少なすぎるからです。また、「く」や「へ」、「つ」や「て」など区別がつきづらいものについては、背景をグラデーションにすることで上下をわかりやすくしました。

三つ目にフォントです。
「コトバモドス」をつくるにあたって、大人が遊んで楽しいというのは大前提としてありますが、家族で遊んだ時に小学生低学年の子どもにも言葉の楽しさを知ってもらいたいという願いもありました。ですので、やわらかい印象でかつ教科書体のフォントを探していましたが、なかなかこれというものがみつからず右往左往していたところ出会ったのがあんずもじ始というフォントです。
すべての文字が手書きしたものを元につくられており、それでいて癖がなく正しい字体なのです。
このフォントは「勉強を習い始めたばかりの子どもに先生や母親が書いてあげたような文字」を目指してつくられたもので、今回低学年の子どもとも安心して遊んでもらえるようにしたいという私の願いにぴったり合ったフォントでした。
このフォントなくては「コトバモドス」は成り立たないでしょう。作者の京風子様には本当に感謝しております。

裏面はコトバモドスの手です。右上にあるのはただの白いタイルですが、何ゲームも連続で遊ぶ際に勝利マーカーとして使っていただければと思います。 
タイルは段ごとに色分けしていますが、ゲームには関係ありませんので色弱の方でも全く問題なく遊べます

013de8cdc594c32eef6008025eedca459e3b0257c2
 ついたてです。
この大きさのついたては見たことがありません。
かなり大きくて安定しています。安心して遊べる大きさです。
ここも結構予算取られましたが、ストレスなく遊んでいただきたく十分な大きさで作成しました
アートワークについてはやりたい放題させていただきました。 
ゲームシステムは結構きっちり作ったので、インディーズ感を出すならここだな、と。 
どいつも好きですが、やっぱ左上の変な犬みたいなやつ(開発ネーム:ゾンビ犬)の中毒性ヤバイです。なんかことあるごとに見ちゃいます。 

0137e6abc078f0fb9248147041275f9b08e3b840ec
筆記用具と得点チップと砂時計と説明書です。
得点チップは全部で41個。いい輝きしてますよ
筆記用具は最後までつけるか悩みましたが、ゲームやるときにそれ以外のものを用意するのって意外と手間なんですよね。
本体2300円に、プラス100円で筆記用具が付いていると思って許してください。

以上です。
これだけ入って2400円はお買い得だと思います。もし再販することになってもこの価格では出せませんので、この機会にぜひご購入ください。

ichinenjumirai at 18:00|PermalinkComments(0)大怪獣コトバモドス 

2014年05月24日

大怪獣コトバモドス紹介④-予約受付について

タイトル
ゲームマーケット2014春で頒布します「大怪獣コトバモドス」と委託頒布いたします「いろはことば」の予約を受け付けております。
Twitter:@ichinenjumiraiにメンションもしくはDMをお送りください。その際一時的でもかまいませんのでフォローをお願いいたします。
もしくはichinenjumiraiアットマークgmail.comにメールをくださってもかまいません。
その際、氏名(実名でなくても構いません)と予約ゲーム名希望個数をお伝えください。
のちほど予約番号をお伝えいたしますので、その連絡をもって予約受付完了といたします。
ある程度の個数を超えた場合は予約を早期終了する場合がありますが、原則5/31の23:59まで受け付ける予定です。

商品のお渡しは当日10:30~13:00で行います。
当日13時までに受け取りにいらっしゃらない場合はキャンセルとさせていただきます。(難しい場合は個別にご相談いただければ対応いたします)
よろしくお願いいたします。

・「大怪獣コトバモドス」について
※付属のメモ帳が、大きさが違うの2種類ございますので、
先着順に大きいメモ帳が付属したものを差し上げる予定です。
※初回特典として「う゛」 の文字タイルをお付けします。

受付終了いたしました。


ichinenjumirai at 00:10|PermalinkComments(2)大怪獣コトバモドス 

2014年05月23日

play:gameがつくる明るい未来~評価と集約~

a0002_009107

目的
play:gameボードゲームデータベース を使用して、皆で手を取り合い協力してより良い未来をつくりましょう!なにとぞ!なにとぞよろしくお願いいたします!

本論
以前某店長さんが嘆いていらっしゃったのは、「一度悪い評判が立つとさっぱり売れなくなる」ということでした。
ボードゲーマーというのはみなさんご存知の通りこの日本社会においてはマイノリティでありますから、絶対数が少ないわけですね。ですので、一人ひとりの声が全体に響きやすいという側面があるわけです。
そういうわけで、ボードゲームに対して悪い評価するのってよくないよねという空気があります。
ただね。やっぱ人間言いたいことを言って生きていきたいじゃありませんか!ねぇ! 
さぁ、そこで取り出しましたのはplay:gameボードゲームデータベース です。
みなさんご存知だと思います。日本版BBGですね。
これ最近あまり活用されてないように思うのです。
おそらくブログやSNSの影響だと思うのですが、play:gameに書かずに自分のブログやSNSでまとめてらっしゃる方が多いんですね。
結果として、情報の総量は増えたのですが、それが散漫していて逆にplay:gameの低評価が目立つという事態を引き起こしています。

結論
さて、お待たせしました!
要するに私が言いたいのは、みんなでplay:gameに評価を書きこんで一人が持つ声の大きさを小さくしようぜってことです。一人ひとりの発言力が弱まれば、ある程度思ったことを言ってもいいでしょ。
あなたたち一人ひとりの行動で自分の影響力を小さくすることができるのです!さぁともに頑張りましょう!

おまけ
評価コメントについてなのですが、「おもしろかった!またやりたいです。」とか「つまらなかった!もうやりたくない><」とか書くと、「具体的に書かんと参考にならんやろうがボケェ」って怖いお兄さんから怒られることがあります。 そうすると不思議なことに関係ない人まで勝手に盛り上がって、「評価とは」とか「そもそもゲームとは」とか語りだしますので、当事者はボケっとしていればいいです。
あと未プレイの場合はわざわざ未評価であることを書かなくても大丈夫です。 


ichinenjumirai at 18:30|PermalinkComments(0)コラム